地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、札幌の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

札幌の地域情報サイト「まいぷれ」

平成30年北海道胆振東部地震について

平成30年北海道胆振東部地震について

お知らせ

 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのコメント

北海道胆振東部地震の発生から、2か月が経ちました。
改めまして、今回の震災でお亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災されました全ての皆さまに心からお見舞いを申し上げます。

今回の地震では、北海道内で最大震度7、本市でも震度6弱を記録し、多くの家屋建物が被害を受け、大規模な停電や断水に見舞われるなど、市民の皆さまの生活にも大きな影響がありました。
そのような状況の中、多くの方々から支援物資や義援金、ボランティア活動などと併せて温かい励ましの声を頂きました。この場をお借りして改めて感謝を申し上げるとともに、「さっぽろ」が国内外の多くの皆さまから愛され、応援いただいていることを再認識したところです。

市内においては、ライフラインが復旧し、ほとんどの地域で日常を取り戻していますが、今なお一部の地域では、自宅に戻ることのできない方がいらっしゃいます。札幌市では、被災された方一人ひとりに寄り添い、一日も早く元の生活を取り戻すことができるよう、関係機関とも協力をしながら、引き続きさまざまな支援を進めてまいります。
また、今回の地震への対応について、市民の皆さまや関係機関の皆さまの声を聞きながら検証を行い、これまで以上に防災への取組を強化し、災害に強いまちを築いてまいります。

これまで札幌市は災害の少ないまちと言われてきましたが、今回の地震はその考えを改めさせられるもので、また自然災害の恐ろしさを痛感するものでした。この地震を受けて、「広報さっぽろ11月号」では、防災を特集していますほか、今後「地震防災マップ」を全戸に配付する予定です。ご自身や大切な方の命を守るため、市民の皆さまにおかれましても、災害への備えを改めてご確認いただきますようよろしくお願いいたします。

"さっぽろ”を応援していただいている皆様へ 秋元札幌市長からのメッセージ

皆様には、“さっぽろ”に思いを寄せていただいていることに、心より感謝申し上げます。札幌市では、一部の地域を除きライフラインが復旧し、
ほとんどの観光施設が元気に営業しております。ぜひ多くの皆様に足を運んでいただきますよう心よりお待ちしております。

“さっぽろ”を応援していただいている皆様へ(PDF:56KB)

【英語版】Message from Sapporo City Mayor Katsuhiro Akimoto(PDF:51KB)

【中国語(簡体語)版】致支持札幌的大家(PDF:71KB)

【ハングル版】“삿포로”를 응원해주시는 여러분께(PDF:80KB)

【ロシア語版】Всем, кто поддержал Саппоро(PDF:41KB)

【フランス語版】À tous ceux qui soutiennent Sapporo,(PDF:43KB)

【ドイツ語版】An all jene, die Sapporo unterstützend beistehen(PDF:50KB)

避難所開設状況

現在開設している避難所はありません。
※10月5日午前9時50分をもって、清田区の避難所(清田区体育館)は閉鎖しました。

ページの先頭へ戻る

ライフラインの状況

水道

断水情報

清田区里塚1条1丁目は、地盤が大きく沈下し、道路の損壊等の大きな被害あった地区であり、関係部署と連携した復旧が必要な区域であるため、本格的な復旧時期は未定です。ただし、この地域の近隣まではすでに通水しており、仮復旧等の形で通水の要望にお応えすることが可能な状況となっています。
清田区里塚1条2丁目は、通水の準備は整っており、利用者の方々の入居準備が整い次第、要望に応じ順次通水を行う予定です。

最新の情報や詳細は、水道局断水・濁水のページでご確認ください。

断水解消後の地域の皆さまへ

断水が解消された後も、空気の混入による白い濁り水が発生する場合がありますが、この場合は飲んでも問題ありません。
蛇口から赤や茶色の濁り水が出る場合は、きれいな水が出るまで、出しっ放しにしてください。
なお、SNS等で水道に関する誤った情報が拡散されていますが、正しい情報は水道局断水・濁水のページでご確認ください。

道路の通行規制

市道の一部で通行を規制していますので、ご注意ください。

  • 清田区里塚1条1丁目と1条2丁目の一部

高速道路・国道・道道の情報は、北海道地区道路情報でご確認ください。

その他

  • 電気:市内一般住宅向け及び企業向けは全て送電復旧完了。
  • 都市ガス:被害、停止なし。
  • LPガス:災害時協定に基づく供給を終了。
  • 通信:NTT、KDDI、docomo、AUは復旧。

ページの先頭へ戻る

 公共交通機関の運行情報

  • 地下鉄・市電(路面電車):通常運行。詳しくは交通局ホームページをご確認ください。
  • JR:最新の情報はJR北海道ホームページをご確認ください。
  • 中央バス:通常運行
  • ジェイ・アール北海道バス:通常運行
  • じょうてつバス:通常運行
  • ばんけいバス:通常運行

この度の地震により地下鉄及びバスが運休したことに伴い、札幌市交通局では、交通局で発行した地下鉄及びバスの定期券について、定期料金のうち運休日数相当分を払い戻します。詳しくは、交通局ホームページをご確認ください。

また、市内運行のバス事業者では、定期券利用者に対して、9月6日から7日の運休(最大2日相当分)に係る定期運賃の払い戻しを実施します。

ページの先頭へ戻る

子どもの定期予防接種について

地震の影響により、9月6日から10月5日までの間に定期予防接種を受けることができなかった子育て家庭を対象に、予防接種に係る費用を助成します。詳しくは、定期予防接種の機会を逸した子どもへの救済措置のページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 市営霊園、市営墓地について

市営霊園と市営墓地では、今回の台風及び地震により、倒木や墓石の倒壊が発生しています。
被害状況については、市営霊園と市営墓地の被害状況のページで公開しています。

ページの先頭へ戻る

 地震等の概要

  • 本震 平成30年9月6日 午前3時07分
  • 震源地 胆振地方中東部、深さ37km(暫定値)
  • 震度 市内最大震度6弱
  • マグニチュード 6.7(暫定値)

※地震の詳細については、気象庁のページでご確認ください。

ページの先頭へ戻る

札幌市の体制

日時 対応状況 備考
9月6日 午前3時8分 災害対策本部設置  
9月6日 午前6時00分

第1回災害対策本部会議を開催

第1回災害対策本部会議資料(PDF:505KB)
9月6日 午前10時00分

第2回災害対策本部会議を開催

第2回災害対策本部会議資料(PDF:72KB)
9月6日 午後3時30分

第3回災害対策本部会議を開催

第3回災害対策本部会議資料(PDF:82KB)
9月6日 午後10時00分 第4回災害対策本部会議を開催 第4回災害対策本部会議資料(PDF:99KB)
9月7日 午前8時00分 第5回災害対策本部会議を開催 第5回災害対策本部会議資料(PDF:100KB)
9月7日 午後8時00分 第6回災害対策本部会議を開催 第6回災害対策本部会議資料(PDF:100KB)
9月8日 午後8時00分 第7回災害対策本部会議を開催 第7回災害対策本部会議資料(PDF:104KB)

9月9日 午後7時00分

第8回災害対策本部会議を開催 第8回災害対策本部会議資料(PDF:98KB)

9月10日 午後4時30分

第9回災害対策本部会議を開催 第9回災害対策本部会議資料(PDF:97KB)

9月11日 午後4時30分

第10回災害対策本部会議を開催 第10回災害対策本部会議資料(PDF:99KB)
9月12日 午後5時30分 第11回災害対策本部会議を開催 第11回災害対策本部会議資料(PDF:352KB)

9月18日 午前8時50分

第12回災害対策本部会議を開催 第12回災害対策本部会議資料(PDF:103KB)
9月26日 午後1時00分 第13回災害対策本部会議を開催 第13回災害対策本部会議資料(PDF:104KB)
10月23日 午前10時15分 第14回災害対策本部会議を開催  

ページの先頭へ戻る

 災害概況

人的被害の状況(12月11日現在)

死者1名、負傷者297名(重傷1名、軽傷296名)

※災害との関連性を精査した速報値です。

物的被害の状況(12月10日現在)

住家棟数:全壊89、半壊656、一部損壊3,972

非住家棟数:全壊7、半壊22、一部損壊179

ページの先頭へ戻る

 り災証明について

平成30年北海道胆振東部地震により被災した住宅等の被害の程度を証明する「り災証明書」交付の申請受付を、各市税事務所等で9月10日(月曜日)から開始しています。

ページの先頭へ戻る

義援金・寄付について

札幌市では、北海道胆振東部地震に関する下記の寄付を受け付けています。
詳しくは、下記ページをご覧ください。

また、災害義援金の配分額や対象、申請受付については、「平成30年北海道胆振東部地震災害義援金の配分について」のページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

家庭ごみの処理について

平成30年北海道胆振東部地震により、全壊・大規模半壊・半壊の「り災証明書」を受け取られた方のごみ処理手数料を免除します(一部損壊は対象外です)。なお、免除に該当する方には、順次案内文を送付します。

詳しくは、「り災証明書」の交付を受けた方の家庭ごみの処理についてのページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 住宅に関わる支援について

市営住宅の提供について

平成30年北海道胆振東部地震により、住宅に引き続き住むことができない方で、り災証明等の交付を受けることのできる、住宅に困窮している方を対象に、市営住宅もみじ台団地の4階と5階を中心とした住宅を提供します。申込み方法などは、被災者への市営住宅の提供のページをご覧ください。

なお、ペットを飼育されていて、入居を迷われている方がいらっしゃいましたら、動物管理センターで災害時動物救護ボランティアによるペットの一時預かりの相談を受け付けております。以下のお問い合わせ先にご連絡ください。

  • お問い合わせ先:札幌市動物管理センター(011-736-6134)
  • 受付時間:平日午前8時45分から午後5時15分

応急仮設住宅の提供について

平成30年北海道胆振東部地震により、住宅に引き続き住むことができない方を対象として、応急仮設住宅を提供します。申込み方法などは、平成30年北海道胆振東部地震における応急仮設住宅の提供についてのページをご覧ください。

被災した住宅の補修に関する支援について

平成30年北海道胆振東部地震により、住宅に被害を受けた方を対象として、補修に関する支援を行います。詳しくは、被災した住宅の応急修理制度のページと、札幌市災害住宅補修資金貸付のページをご覧ください。

水道メーターボックスなどの改善工事について

地震に伴い被災した宅地の復旧工事を行う際、既設の水道メーターが埋まってしまうなど、水道メーターの検針や取替に支障が生じる場合、水道局が水道メーターボックスなどのかさ上げ工事を行います。詳しくは、「平成30年北海道胆振東部地震に伴う水道メーター等の改善工事について」のページをご確認ください。

ページの先頭へ戻る

 家屋等の撤去について

平成30年北海道胆振東部地震により、被害を受けた家屋等のうち、「り災証明書」で「全壊」・「大規模半壊」・「半壊」と認定されたものについて、申請者の依頼に基づき、札幌市が所有者に代わって撤去します。本制度は国の制度に基づくものであり、撤去の範囲が限定的であることや、撤去後の整地が認められていない等の制限があります。詳しくは、「り災証明書」で「全壊」・「大規模半壊」・「半壊」と認定された家屋等の撤去制度のページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

安全確認について

ブロック塀等の安全確認について

平成30年北海道胆振東部地震により、多数の家屋が損傷するなど大きな被害がありました。所有者・管理者の皆さまには、災害等に備えていただきますようお願いいたします。詳しくは、ブロック塀等の安全確認についてのページをご確認ください。

看板の安全確認について

平成30年北海道胆振東部地震により、設置している看板に危険性が生じている可能性があります。所有者・管理者の皆さまには事故を未然に防ぐため安全確認をしていただくようお願いいたします。詳しくは、屋外広告物の安全管理についてのページをご確認ください。

ページの先頭へ戻る

 災害ボランティアの受け入れについて

今回の災害対応にあたっては、札幌市社会福祉協議会による通常のボランティア登録制度の中でボランティア派遣を行っています。詳しくは札幌市社会福祉協議会ホームページ「札幌市内でのボランティア活動を考えている方へ」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 被災により建物等の損傷が著しい地域での危険度判定を実施しました

平成30年9月7日(金曜日)から、地盤が液状化し被災した建築物の損傷が顕著な地域において、応急危険度判定を実施しました。
詳しくは『「平成30年北海道胆振東部地震」に伴う応急危険度判定を実施について』のページをご覧ください。