地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、札幌の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

札幌の地域情報サイト「まいぷれ」

これを読めばあなたも蕎麦通!和の時代から昭和5年の『蕎麦通』を読む< その6、蕎麦通本文 総説を読むの3>

 手打ちそば 喜心庵のニュース

これを読めばあなたも蕎麦通!和の時代から昭和5年の『蕎麦通』を読む< その6、蕎麦通本文 総説を読むの3>
 一方機械の操縦が簡単なので、素人で蕎麦屋を経営するものが殖え、同業者は累年増加して価格の競争をする結果、品位はますます堕落する。年を経るに従って職人の巧者なるものは世を辞して後継者に乏しく、見よう見まねの板前ばかりになって、真善真美という旨い蕎麦の味を知らない人のみが従事するものだから、自然世間の嗜好から退けられ、今はほとんど貧乏人が飯の代わりに喰うもののようになって、お客の方でも珍羞としては受取られず、蕎麦屋の方でもただ腹を脹かす代用食を差上げる気になって、時に同業の多いことをかこち、いたずらに註文の少ないことを嘆く有様であるが、それで機械でなし得る以上に、改良とか進歩とかいうことには熱中しないから、まずい蕎麦ばかり作られるのは当然だ。(昭和5年『蕎麦通』総説より)


 私の母は、昭和8年生まれですが、「そばやうどんは、うまいから食べるものじゃない、安いから食べるんだよ」とよく言っていました。まさに、貧乏人が飯の代わりに食うの、みほんみたいなものですね。

 そば粉は、米よりも高いので、貧乏人が飯の代わりにそばを食う、というのは無理なんですが、米よりも安い小麦粉を大量に混ぜれば、ナントカそれもできないこともありません。ダシも化学調味料を混ぜれば、鰹節を減らせますので、さらにコストダウンは可能です。

 ただ、多くのそばやさんが、もっと安く!という大衆のニーズに応えようと努力した結果、皮肉にもそば屋の価値を落してしまったようにも思います。

 喜心庵でも「おたくのそばはウマい!そば屋なんかにしておくのはもったいない。そば屋なんかやめて、ぜひラーメン屋をやりなさい」と言ってくださったお客様もおられました。

手稲区稲穂3条7丁目5-1

手打ちそば喜心庵
うどん・そば(蕎麦)[手打ちそば]

手打ちそば 喜心庵

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。