地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、札幌の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

札幌の地域情報サイト「まいぷれ」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

これを読めばあなたもそば通! 令和の時代から昭和5年の『蕎麦通』を読む< その23、うまい食い方とまずい食い方>

 手打ちそば 喜心庵のニュース

「これを読めばあなたもそば通! 令和の時代から昭和5年の『蕎麦通』を読む< その23、うまい食い方とまずい食い方>」
 すべての食い物には、それぞれ食い方があることは、世界各国ともに同一でる。礼儀作法の上からではなくて、ただ普通の場合の食べようを言うのだが、鮨には鮨の食いようがあり、天麩羅には天麩羅の食いようがある。つまり醤油とか汁とかによって、味を補って食うべき食品には、それぞれの食べ方に通があると言われている。  
 蕎麦だってその通りである。しかしその人々の好きずきで、食い方に規則も法則もあるわけではないから、どういう食いようをしても自由であるが、元来蕎麦の味を見るには、蒸籠に限られている。そして汁をどっぷりつけては駄目だと言われている。真実の蕎麦通には、ほんの汁をわずかにつけて、啜り込む味がなんとも言われないものとされている。(『蕎麦通』うまい食いかたとまずい食いかた より)

 私のそばの師匠にあたる片倉さんというかたなんですが、「そばなんて自分の好きなように食べればいいんだ」というのが持論でした。「オレの顔を知らないそば屋がいてな、オレに向ってそばの食べ方なんて講釈しやがるもんだから、手づかみで食ってやったぜ。がはははは」てね。
 そばはちょっと汁につけて食べるのがいいのか、どっぷりつけて食べるのがいいのか、店によって汁の濃さもちがいますしね。一概にこうするべきとは言えないですよね
(次回につづく)
手稲区稲穂3条7丁目5-1

手打ちそば喜心庵
うどん・そば(蕎麦)[手打ちそば]

手打ちそば 喜心庵

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。