地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、札幌の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

札幌の地域情報サイト「まいぷれ」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

これを読めばあなたもそば通! 令和の時代から昭和5年の『蕎麦通』を読む< その29、蕎麦の食い方を書いた小説 夏目漱石『吾輩は猫である』その1>

 手打ちそば 喜心庵のニュース

「これを読めばあなたもそば通! 令和の時代から昭和5年の『蕎麦通』を読む< その29、蕎麦の食い方を書いた小説 夏目漱石『吾輩は猫である』その1>」
  御三がお客様の御誂が参りましたと、二個の笊蕎麦を座敷に持ってくる。
「奥さん、是が僕の自弁の御馳走ですよ。一寸御免蒙って、ここでぱくつく事に致しますから」
 「と丁寧にお辞儀する。真面目な様なふざけた様な動作だから、細君も対応に窮したと見えて、
「さあどうぞ」
 と軽く返事をしたぎり拝見している。主人は漸く写真から目を放して、
「君此の暑いのに蕎麦は毒だぜ」
 といった。
「なあに大丈夫、好きなものは滅多にあたるもんじゃない」
 と蒸籠の蓋をとる。
「打ち立ては有難いな。蕎麦の延びたのと、人間の間の抜けたのは由来たのもしくないもんだよ」
 と薬味をツユの中に入れて無茶苦茶に掻き廻す。
「君そんなに山葵を入れると辛いぜ」
 と主人が心配そうに注意した。
「蕎麦はツユと山葵で食うもんだあね。君は蕎麦が嫌いなんだろう」
「僕は饂飩が好きだ」
「饂飩は馬子が食うもんだ。蕎麦の味を解さない人程気の毒な事はない」
 といいながら、杉箸をむざと突き込んで出来るだけ多くの分量を二寸ばかりの高さにしゃくい上げた。
「奥さん、蕎麦を食うにも色々流儀がありますがね。初心の者に限って、むやみにツユを着けて、そうして口の中でくちゃくちゃやっていますね。あれじゃ蕎麦の味はないですよ。何でも、こう、一しゃくいに引っ掛けてね」
 と云いつつ箸を上げると、長い奴が勢揃いをして一尺ばかり空中に釣るし上げられる。迷亭先生もう善かろうと思って下を見ると、まだ十二三本の尾が蒸籠の底を離れないで簀垂れの上にてんめんしている。
「こいつは長いな、どうです奥さん、この長さ加減は」
 と又奥さんに相いの手を要求する。奥さんは、
「長いもので御座いますね」
 とさも感心したらしい返事をする。
「此の長い奴へつゆを三分一つけて、一口に飲んで仕舞うんだね。噛んじゃいけない。噛んじゃ蕎麦の味がなくなる。つるつると咽喉を滑り込む所が値打ちだよ」
 と思い切って箸を高く上げると蕎麦はようやくの事で地を離れた。
 左手に受ける茶碗の中へ、箸を少し宛落として、尻尾の先から段々に浸すと、アーキミヂスの理論に因って、蕎麦の浸った分量だけツユの嵩が増してくる。所が茶碗の中には元からツユが八分目入っているから、迷亭の箸にかかった蕎麦の四半分も浸らない先に茶碗はツユで一杯になって仕舞った。迷亭の箸は茶碗を去る五寸の上に至ってぴたりと留まったきり暫く動かない。動かないのも無理はない。少しでも卸せばツユが溢れる計りである。迷亭もここに至って少し躊躇の体であったが、たちまち脱兎の勢いを以て、口を箸の方へ持って行ったと思う間もなく、つるつるちゅうと音がして喉笛が一二度上下へ無理に動いたら箸の先の蕎麦は消えてなくなって居た。見ると迷亭君の両眼から涙の様なものが一二滴眼尻から頬へ流れ出した。山葵が利いたものか、飲み込むのに骨が折れたものか是は未だに判然しない。
「感心だなあ。よくそんなに一どきに飲み込めたものだ」
 と主人が敬服すると、
「お見事です事ねえ」
 と細君も迷亭の手際を激賞した。迷亭は何も云わないで箸を置いて胸を二三度 敲 たたいたが、
「奥さん、笊は大抵三口半か四口で食うんですよね。それより手数を掛けちゃ旨く食えませんよ」
 とハンケチで口を拭いて一寸一息を入れている。
(『蕎麦通』そばの食いかたを書いた小説 より)

 ごぞんじ夏目漱石の『我が輩は猫である』から、そばの部分だけを切り取ったものです。ここで見るべきところは、そばの長さです。
 そばの長さについては、手打ちでは24センチ8寸程度という基準がありました。迷亭先生が、そばを1尺持ち上げても、まだセイロについているのを驚いたのも、そのためです。
なぜそばが長くなったのでしょう?
それは、製麺機を使うと、いくらでも長く打つことができるからなんです。
 製麺機は明治16年に、佐賀県の真崎照郷という人が発明しました。明治時代には、東京の多くのそば屋さんでも製麺機を採用して、そば打ち職人をお払い箱にしてしまいました。
 製麺機は、そばの生地を帯状に延ばして、縦に切る仕組みになっていますので、いくらでも長〜いそばになります。
 適当な長さで切ればいいのでしょうが、切るのがめんどくさかったのか、長さを競いたかったのか、わかりませんが、とんでもない長さのそばをだす店も多かったそうです。この時代に、そばは長いものという常識ができてしまいました。
(次回は地方特殊の食いかた)
手稲区稲穂3条7丁目5-1

手打ちそば喜心庵
うどん・そば(蕎麦)[手打ちそば]

手打ちそば 喜心庵

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。