地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、札幌市手稲区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

札幌市手稲区の地域情報サイト「まいぷれ」札幌市手稲区

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

これを読めばあなたもそば通! 令和の時代から昭和5年の『蕎麦通』を読む< その66、名古屋春鹿楼が蕎麦の頌 宿屋飯盛 >

 手打ちそば 喜心庵のニュース

蕎麦通初版本「これを読めばあなたもそば通! 令和の時代から昭和5年の『蕎麦通』を読む< その66、名古屋春鹿楼が蕎麦の頌 宿屋飯盛 >」

蕎麦通初版本

 蕎麦は仁明帝の御時、もっぱら畿内に植えさせ給いしとか、されど今の世のうち方をしらざめれば、蕎麦がきとなし、あまづらつけて食いたりけん。

此物はみすずかる信濃国に出づるをもて尤もその絶品とはすなり。されば朝日将軍の院参には是を献じ給いけん。行長入道が竟宴 には、是にて酒をやすすめつらん。その腹さえもうとましき信濃坊さえ恵み給いしは、解脱上人の手打ちの御料なるべし。長袴をや着たりけんとは、隣の畠を惜まれし澄恵僧都の戯言なりとか。

そも蕎麦は食物の用のみならず、今日渡世の上に於ても、益ありてめでたきものなり。先千金の夜具の敷初は更なり、三百長屋のわたしまえにさえ、千歳を寿ぐくさびとはすめり。和尚は旦那に箸を取らせて、本堂建立の口開きとし、奴婢は請状の饗膳となして、主従三世の契りを固くす。

棟上の大工は地がために高きより下り、あらうちの左官は手を洗いてこれを拝す。詩歌連俳の筵はもとよりにて、倹約の夷講にさえ近頃これを取出ずめり。あるは新蕎麦のはしりと聞きては、小判の耳を傾くる人もありなん。又麺棒を隣へ貸して、夜食を食わぬあいなだのみもありぬべし。

二十四文の辻君は是に深夜の寒気を凌ぎ、四十余人の義士たちは是を夜討の兵糧とせりとか。今本草を考うるに、五臓の滓穢を消する効あり、論より証拠に引くべきは、湯の盤のめいような事は、この蕎麦切の名に負える、垢に汚れし 犢鼻褌なりとも、ゆで湯をとりて洗濯せば、まことに日々新なるべし。

さればふるい粉のからくに人も、是を食うたらうまかろう、おいしかろうと言いしより、終に河漏の名をさえ負わせぬ。うちびさす都の歌よみは、物の名にかくして詠み興じ、あまさかる賤が子どもは、蕎麦切索麺食いたいなぞと謡うめる。

おしてるや難波の津には、砂場といえる名物あり、鳥が鳴く東には、正直といふ名題あり、寺に知られし道光庵、社に名あるそば稲荷、一の谷には敦盛蕎麦、蓮性法師が念仏蕎麦、名も高砂の翁そば、秋の夜長の寝覚蕎麦、味も吉野に聞えたる、名に負う背山いもつなぎ、うそを月夜にの名もしるき、廓に客をつるべ蕎麦、めぐりは闇の晦日蕎麦、娘の恋のしのび蕎麦、縁をつなぎのたまご蕎麦など、取立てて言わんには、汁注の口にもあまりぬべし。

是にうち方ゆで加減、水のきりよう汁あんばい、秘事口訣の伝授ある事は、天工開物の筆にも書取りがたくや。このしなじなの美をそなえて、かみがみなる代物というは、高き名古屋のみその町、春鹿楼が蕎麦にてぞありける。

おのれ今年旅行のついでに、しばしとてこそと杖を立てて、菅笠の紐とくとく、先ず四五杯をぞ試みたる。いでや玉くしげ箱根を越えてより、宇都の山辺のうつつにも、夢にもかかる美膳にあわず、さは思うこといわざらんは、胴巻きの腹やふくれなんと、腰なる矢立の筆取り出て、大根おろしの滅多やたらに、花鰹かきつづけつるは、けんどん筥のふたつなぎ、此家の蕎麦にめずればなるべし。
 

 喜心庵の増田でございます。 

 さて、春鹿楼というのは名古屋にあったそば屋らしいのですが、くわしいことは何もわかりません。春鹿楼があったという名古屋のみその町は、名古屋駅の東、地下鉄伏見駅のあるあたりです。みその町という地名は残っていませんが、御園座(みそのざ)という古い劇場にそのなごりをとどめています。

 どんなそば屋だったのか、気になりますが、わからないものはしかたありません。では、この文章を書いた宿屋飯盛とはなにものでしょうか。

 宿屋飯盛(やどやのめしもり)は、1754年生まれ、本名は糠屋七兵衛。狂歌師で、先週とりあげました太田蜀山人の弟子でした。(蜀山人より5歳若い)宿屋飯盛のペンネームは、糠屋という宿屋の主人だったからのようです。国学者としては石川雅望というペンネームも使っていたそうです。こんなことぐらいしかわからない。残念!

(次回は昔の引札いろいろ)
手稲区稲穂3条7丁目5-1 手打ちそば喜心庵
名称手打ちそば 喜心庵
フリガナテウチソバ キシンアン
住所006-0033 札幌市手稲区稲穂3条7-5-1
アクセスJR星置駅南口より徒歩10分
札幌市営地下鉄宮の沢駅より手稲鉱山行き他に乗り、手稲鉱山通バス停下車すぐ
電話番号011-699-5699
営業時間11:00~20:00(ラストオーダー19:30) 火~木曜、土・日曜
11:00~15:30(ラストオーダー15:00) 金曜
定休日月曜
禁煙・喫煙受動喫煙対策による禁煙・喫煙についての最新情報は、店舗にお問い合わせください。
関連ページ公式ホームページ
ランチ特集はコチラ
Facebookグループ『そば饅頭を北海道の名物にしよう!』
特集記事『北海道新名物誕生なるか? 手打ちそば 喜心庵の心意気に迫る!』はコチラ
お得なクーポン
こだわり
うどん・そば(蕎麦)[手打ちそば]

手打ちそば 喜心庵

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。