地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、札幌市手稲区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

札幌市手稲区の地域情報サイト「まいぷれ」札幌市手稲区

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

これを読めばあなたもそば通! 令和の時代から昭和5年の『蕎麦通』を読む< その74、蕎麦に関する雑話 一茶の悪戯 >

 手打ちそば 喜心庵のニュース

蕎麦通初版本「これを読めばあなたもそば通! 令和の時代から昭和5年の『蕎麦通』を読む< その74、蕎麦に関する雑話 一茶の悪戯 >」

蕎麦通初版本

 信濃の俳人一茶が、行脚の途次、当時江戸でも有名な俳人を訪問した時、取次の門人から一茶の衣服の極めて粗末なことを聞いた宗匠は、逢えば物乞いでもされると思ったのであろう。取り次ぎをして居留守をつかわせ、とうとう逢わなかった。すると一茶は、はるばる土産として携えて来た蕎麦粉を、玄関の式台に撒き、

  信濃にも蕎麦と仏と月夜かな

 と指で書いて、飄然として立ち去った。

 それを後で見た宗匠は、初めて一茶であったことを知り、非常に逢わずに帰した事を後悔したが及ばなかった。そこですぐに書簡をしたためて一茶の故郷に贈って、無礼を謝し、のち信州に旅した時、柏原の一茶の住居を尋ね、往年の無礼を侘びようとしたが、庵には誰一人いず。ただ軒下に一つの古い瓢を吊るして、

 俳諧の殿様これへ御成かな

と書いてあった。


喜心庵の増田でございます。
小林一茶の「信濃にも蕎麦と仏と月夜かな」という俳句は、ご存知でしたでしょうか。わたしは知りませんでした。よく似た「信濃では月と仏とおらが蕎麦」という俳句がありますが、これは中村六郎という明治時代のアマチュア俳人の作だそうです。
このエピソードも出典が記されていませんし、どうも、あやしいおはなしのようにおもいます。(次回は 蕎麦に関する雑話 蟲蕎麦 )

手稲区稲穂3条7丁目5-1 手打ちそば喜心庵

名称手打ちそば 喜心庵
フリガナテウチソバ キシンアン
住所006-0033 札幌市手稲区稲穂3条7-5-1
アクセスJR星置駅南口より徒歩10分
札幌市営地下鉄宮の沢駅より手稲鉱山行き他に乗り、手稲鉱山通バス停下車すぐ
電話番号011-699-5699
営業時間11:00~20:00(ラストオーダー19:30) 火~木曜、土・日曜
11:00~15:30(ラストオーダー15:00) 金曜
定休日月曜
禁煙・喫煙受動喫煙対策による禁煙・喫煙についての最新情報は、店舗にお問い合わせください。
関連ページ公式ホームページ
ランチ特集はコチラ
Facebookグループ『そば饅頭を北海道の名物にしよう!』
特集記事『北海道新名物誕生なるか? 手打ちそば 喜心庵の心意気に迫る!』はコチラ
お得なクーポン
こだわり
うどん・そば(蕎麦)[手打ちそば]

手打ちそば 喜心庵

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。